もの忘れで悩んでいませんか?

 毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、世界各地で認知症についての啓発活動が行われています。

 旭川市では昨年に引き続き、地域包括支援センター(全11か所)の精神保健福祉士が連携して、もの忘れで悩んでいる方が早期にご相談できることを願いポスターを制作しました。市内の公共施設や医療機関、金融機関、スーパー店などに掲示してあります。(※当画像のQRコードは読み込みできません。掲示されているポスターのコードを読み取りください。)

 認知症状を引き起こす原因は70種類以上あると言われており、認知症は高齢者世代に限らず、若い方でも発症することがあります。身近な家族や友人、自分自身が認知症になっても、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、1人でも多くの方に認知症の理解を深めていただけたら幸いです。


認知症に関する情報

(旭川市のホームページへのリンクです。クリックすると別ウィンドウで開きます。)

旭川市 神居・江丹別地域包括支援センター